気軽に楽しむ日本の伝統工芸品

素敵な和のアクセサリーを「壱ポイント」で見つけました。日本の伝統工芸品が気軽に身につけられてhappyです。

それぞれの商品の産地や伝統技術が丁寧に紹介されています。

「壱ポイント」が紹介している商品はアクセサリーであれ、キッチン雑貨であれ、インテリアの置物であれ、すべて工房の職人さんが心を込めてつくったものばかりのようです。ひとつひとつの商品について、その伝統の産地や技術、使い方などがわかるように丁寧な商品説明があります。

私も、注文したブレスレットが届く前に、それぞれのページを確かめてみます。

 

その1

組紐でつくったブレスレット「糸のじゅえりぃ」ブランド名AKE

 

京都西陣受け継がれてきた組紐の職人の技が、ブレスレットに活きているのですね。嬉しいことに正絹100%で、独特の絹の光沢が写真でもわかります。

組紐の中に形状記憶ワイヤーが入っているのなら、着脱は簡単そうです。

 

美しい色の組み合わせが4種類あって、それぞれにゆかしい名前がつけられています。

「撫子 なでしこ」、「海松色 みるいろ」、「若楓 わかかえで」、「黄柳 きやなぎ」

重ね付けした写真には、うるさい感じがなくて、色が響きあっていますので、何本か複数本揃えるのも素敵ですね。

 

どれも魅力的なのですが、私は朱を基調とした「撫子」を1本求めることにしました。

お値段は1,728円です。

 

その2

福井県鯖江市で誕生したブランドKisso(キッソオ)のブレスレット

 

鯖江市はメガネで有名ですね。私が使っているメガネも鯖江のものです。眼科のお医者さんに目にピッタリ合っているとお墨付きをもらって、さすが鯖江と驚いたことがあります。そのせいで、親近感を感じるブランドです。

 

天然樹脂(セルロースアセテート)使用なので、水分がついても大丈夫そうです。

 

Kissoのブレスレットは10種ものデザインが紹介されていて、可愛かったり、シックだったり、選ぶのに迷います。私は「ブルーモワレ」と「ブラックミックス」のどちらかにしようとさんざん両方の写真を往復して最終「ブラックミックス」にきめました。

こちらのお値段は2,268円、送料520円で2本のお買い物合計は4,516円になりました。